アイセック仙台委員会 *海外インターンシップBLOG*

《海外インターン参加者の生の声をお届け!》アイセックは第二次世界大戦後のヨーロッパで”平和で人々の可能性が最大限に発揮された社会”を目指して設立されました。現在そのネットワークは世界126の国と地域に広まり、仙台委員会はその支部の一つとして活動しています。社会課題を解決するリーダーシップ経験を、海外インターンシップによって若者に提供しています。

マレーシア観光!

 

お疲れ様です!齋藤です!

先週は金曜日から2泊でペナン島ジョージタウンに観光に行きました!!

とっても暑くて、暑いのが嫌いな私としてはつらい時もありましたが、最終的には楽しい旅行でした!

終わり良ければすべて良しですよね~

 

<1日目>現地アイセックメンバーと、研修生5人でstreet artめぐり

f:id:AIESEC_SD:20160312003556j:plain

 

みなさん知っていらっしゃいますか?

ペナン島って結構有名な観光地なんですよ!

(…私も渡航決まった後に知ったんですけどね。)

 

特にジョージタウンは、町のいたるところにstreet  artがあって、きょろきょろしながら歩きます笑

現地アイセックの人に案内してもらったので、有名な屋台、マレーシア料理などなど、堪能しました!!

 

 

大量のselfieが送られてきていて、ここには載せきれません(*´ω`)

マレーシアの人々は、selfieが好きなのかもしれませんね。とにかくかなり撮ってました。私も一緒に写ってます。



<2日目>ショッピングの後、極楽寺、Penang Hillへ

f:id:AIESEC_SD:20160312004000j:plain

 

 

いやああ、登りました登りました!もう無心で登ってきました!!階段を。

京都の清水寺の2倍くらいでしょうか。肌感としては。

でもやっぱり熱帯でも高いところは涼しかった!!



<3日目>海を見て、博物館を見て、帰ってきました!!

f:id:AIESEC_SD:20160312003819j:plain

なんだか細長いお魚さんがいました~

 

~旅の雑感~

【1点目】

ドイツ人、オランダ人のガールズ研修生が、どちらもバックパッカーなんです。ドイツ人のほうは、1か月弱のアジア歴訪の最終地として、私たちとインターンしてます。

オランダ人は、インターン後、boy friendが迎えに来て、一緒に3か月バックパッカーするそう。

 

だから、旅上手です。

 

二人と同室で暮してるので、

旅の用意も見てたんですが、バックパッカーは、ゲストハウスに何をもっていけば便利なのかわかっています。(ゲストハウス・・・ホテルの簡易版。値段がより安い)

現地調達できる分と、自分が持っていったら便利なものを確実に見分けて、持参するものを決めていました。

サンダルとか。彼女たち、施設に紐と洗濯バサミ持ち込んでるし。



【2点目】

バックパッカーは本当に体力がある!(これは彼女たちならではなのかもしれませんが・・・)

 

私はクタクタでもう話せないし、相対的にも短足なのでついていくの大変だったり、そうでなくても暑くてつらいのに、ヨーロッパ研修生たちはほぼずっと話しながらサクサク歩いていきます。

もう感服しました!これは人種のせいなのか、彼女たちが体力あるのか、私がないほうなのか・・・

見習っていきたいですね!!!

 

【3点目】

英語が話せると本当に強いということです。

私たちは日本語で、日本の店にいちゃもんつけることができますが、英語となるとなかなかできません。英語ができると、海外の店でも何が入ってるなんの料理なのか、シーフードは抜いてほしいとか、いろんなカスタマイズができます。

海外において、自国の店と同じテンションで、同じ心構えで注文、買い物ができるってことは、大変な強みだと感じました。

 

 

英語ができれば、ほぼどこの国に旅行に行っても怖くない。これは頭では理解していましたが、本当に実感しました!

 

悔しく思いつつも、この差を感じられてよかったです!

 

f:id:AIESEC_SD:20160312110949j:plain

長文失礼しました!!

超絶暑いマレーシアから、齋藤でした~