アイセック仙台委員会 *海外インターンシップBLOG*

《海外インターン参加者の生の声をお届け!》アイセックは第二次世界大戦後のヨーロッパで”平和で人々の可能性が最大限に発揮された社会”を目指して設立されました。現在そのネットワークは世界126の国と地域に広まり、仙台委員会はその支部の一つとして活動しています。社会課題を解決するリーダーシップ経験を、海外インターンシップによって若者に提供しています。

インターンレポート〜ベトナム・ハノイ〜

こんにちは。ベトナムインターンシップをしている佐藤園佳です。

ベトナムでの生活が残り約一週間になりました。

 

週末に旅行に行って日本とは違う景色を見たり、新しいベトナム人の友達ができたり、会社の人とご飯を食べに行ったり、お世話になっている大学のゼミの教授と会ったり、毎日が充実してあっという間に過ぎていきます。

 

f:id:AIESEC_SD:20160830094044j:plain

 

f:id:AIESEC_SD:20160830094048j:plain

 

そして、インターンシップも仕上げに入っています。

 

今まで私は画像編集サービスの日本企業への売り込みを主にしていました。
企業へのメールの仕方で上司と意見が合わず議論したり、画像編集の知識が足りなくて理解するのに苦戦したり、日本企業からのメールを瞬時に英語に訳して上司に情報共有するのが難しかったり、大変なこともいろいろありました。

 

ただ、売り込みを続けている中、会社の事業や会社のやっている障がい者支援に興味が出てくる日本の企業や団体が出てきて、私の上司も日本市場に注力したいと考えるようになっていきました。私の日々の仕事が会社の人たちの日本市場への興味や事業の可能性を広げていると考えるとワクワクします。

 

そのため、私のインターンシップ終了後も会社が日本に注力できるように、最近は日本の見込み顧客の調査や会社のホームページの日本語への翻訳などを行っています。私が帰国した後、日本に注力して売り込みなどをやってくれる人も決まりました。

残りのインターン期間でしっかりと次の人に引き継いで会社が日本に今後も注力できる体制を作りたいと思います。

 

f:id:AIESEC_SD:20160830094041j:plain

 

あと一週間。悔いの残らぬように走りぬきたいです。